« 幻想水滸伝4プレイ(見学)日記・14 | Main | 『ミニミニ大作戦』~ミニクーパーでかっとばせ! »

September 17, 2004

『アンダーワールド』~夜の住人たちの戦い

アンダーワールド スペシャル・エディション

発売日 2004/06/01
売り上げランキング 804

Amazonで詳しく見るB0000YTR50


数百年にわたって戦い続けてきた吸血鬼族と狼男族(ライカン)。
だがリーダーであるルシアンを失って6世紀、絶滅寸前のはずのライカンと戦う吸血鬼の女戦士セリーンは、ライカンがマイケルという人間の青年を執拗に追いかけていることに疑問を抱きマイケルを追うが、いつしか彼に惹かれていき……。

吸血鬼と狼男の戦いというゴシックホラーですが、舞台は現代。
女戦士セリーンとライカンの戦いから物語は始まります。
しかし、吸血鬼といえど場所が現代のせいか武器は拳銃。
狼男の方はいちおう変身するのに、吸血鬼はコウモリや灰になったりしないのね……。
何とかライカンを撃退したセリーンですが、そのとき地下で、絶滅寸前のはずのライカンの気配を多数感じたこと、ライカンがなぜか人間を追っていたことに疑問を抱きます。
現在この地の吸血鬼を統べているのはクレイヴンという男ですが、もともと戦士ではなく官僚(……つか吸血鬼で官僚って何)である彼とはセリーンは反りがあわない様子。
でもクレイヴンはセリーンにご執心というのはお約束ってもんですね。
ともかくクレイヴンが相手じゃ話にならんと、セリーンは勝手にライカンが追っていた人間・マイケルの居所を突き止めますが、ちょうどライカンと鉢合わせ、戦闘に。
マイケルを助けて車で逃走しますが、さすが狼男、走って追いかけてきます。
いやでも、できれば人間形のままじゃなく狼になって追いかけてきてほしかったなー。
そんでライカンを追い払ったものの刺されたセリーン、運転なんて無茶だというマイケルに「大丈夫」と言い張りますが、いきなり白目をむいて気絶したあげく河に車ごとダイビング。
吸血鬼って流れる水はダメなんじゃないんだっけー?
そんでマイケルに助けられたセリーン、吸血鬼の館にマイケルを連れ込みますが、なんと彼は逃げるときにライカンに噛まれていたのです。
それに気づいた吸血鬼仲間の反応は犬と鼻を付き合わせた猫ソックリでございました。
……あれを見たらそら逃げるわ、マイケル。
で、いよいよクレイヴンに対する疑いを深めたセリーン、自分を吸血鬼にした最長老・ビクターを目覚めさせることにしました。
セリーンの家族がライカンに殺されたとき、彼女を救って吸血鬼にし、ライカンと戦う力を与えてくれたのがビクターなのでセリーンはこのビクターを尊敬しているんですが。
クレイヴンなんぞを後任に据えた時点で怪しいと思うべきだよ、セリーン……。
案の定、クレイヴンがライカンのリーダー・ルシアンを殺したなんてのは嘘っぱち、クレイヴンは長老たちを殺して自分が実権を握ったらライカンと和解するという密約を結んでいたのです。
でももちろんライカンの方は、別の企みがあったり。
吸血鬼と狼男、両方に噛まれた人間は死ぬ。それが常識です。
ところが昔、両方に噛まれながらウイルスを克服した人間がいて、その末裔がマイケルだったというお話。
マイケルの血と吸血鬼の血を取り入れて、ライカンより、吸血鬼より強くなって復讐を果たすというルシアン。
ライカンに噛まれて変身寸前のマイケルを誘拐することにも成功です。
クレイヴンの手引きで吸血鬼の長老の一人も殺して血液入手。
しかしビクターに裏切りがバレたクレイヴンが逃げ込んできて、さらにそこへ吸血鬼軍団が突入してもうわけわからんまま戦闘開始。
あいかわらずの銃撃戦です。
いや狼男だけは変身するけど。
そんでそこでクレイヴンから家族の死の真相、そして狼男との戦争の本当の理由を知らされたセリーンはビクターに殺されかかったマイケルを救うため、彼を噛みます。
ついに吸血鬼とライカンの融合体、最強の生物が登場……!!
なんですかこの肌色の悪い生き物は。
え?
さんざん怪しい変身を繰り返したあげく、単に肌が灰色になっただけじゃないの、マイケル?
そんでビクターと戦うんですが、なぜ肉弾戦。
吸血の長老だろ!?
狼男と吸血鬼が融合した最強の生物だろ!?
なんで取っ組み合いなんだ!!
しかも決着つけたのはセリーンだし。
そんで「私たちは追われる身となったのだ……」て「続く」なの?
これからマイケルと二人で吸血鬼一族に追われる身になるわけ?
ライカンは全滅しちゃったの?
それってどうなのよ。

うーん、総評。
まず『吸血鬼らしい』場面がほとんどない。
最初にセリーンが塔の上か何かから飛び降りて平気なこと以外は、コウモリになったりもしないし特に身体能力に優れているようでもないし、血を吸う場面も最後までない。
特に他の吸血鬼の皆さんはボンデージ着て館でたむろってるだけ
でしたしね……。もう勝った気で戦争なんて他人事って雰囲気出したかったのかもしれませんが。
でももう一人の長老・アメリアさんもあっさりやられてたしなあ。
あとはやっぱりアクションのキレが悪い。
銃撃戦では『マトリックス』のかっこよさに劣り、肉弾戦もいやに人間くさい。
吸血鬼と狼男なんだから、もっと空を飛んだりすごいスピードで動いたり、怪力を見せたりという「人外の能力」を見せて欲しかったなあ。
あとはラブストーリーとしてもいまいち。
「モンスター版ロミオとジュリエット」って煽りがありましたが、セリーンとマイケルって別にそんな燃え上がってなかったよ(笑)。
それとも戦争の原因になった、狼男のルシアンと吸血鬼女性の悲恋のことか?

まあそんな感じで、2時間はちょっと長かった。
設定を細かく作りすぎたのかも。
でもセリーンはかっこよかったです。美人は好きだー♪
映像自体は綺麗だし、けっこう雰囲気あるのでゴシックホラーのお好きな方は気に入るかもしれません。

|

« 幻想水滸伝4プレイ(見学)日記・14 | Main | 『ミニミニ大作戦』~ミニクーパーでかっとばせ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幻想水滸伝4プレイ(見学)日記・14 | Main | 『ミニミニ大作戦』~ミニクーパーでかっとばせ! »