« 『火の粉』~あなたの隣人は、親切ですか? | Main | 『女子大生会計士の事件簿 Dx.1』~あなたの人生も会計が握っている!? »

November 03, 2004

『呪怨』~リメイク記念復活レビュー

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版)
奥菜恵 清水崇 伊東美咲 上原美佐 市川由衣 津田寛治

ジェネオン エンタテインメント
2003-07-25
売り上げランキング 871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカで現在リメイク版が好評だそうですが、日本版『呪怨』を撮った監督が日本で撮影したんだそうですね。
テレビのニュースで監督のインタビューを見かけたんですが。

インタビュアー「どうして日本で撮影されたんですか?」
監督「やはりあの怖さは、日本の狭い家でこそなんですよ。ごく普通の建売住宅にある恐怖。アメリカではそれがなくて……」

水原「いやアメリカにだって狭い家くらいあるだろ」
妹「つか金髪の姉ちゃんが畳で怖がっても全然説得力がねえ

大体それはリメイクというのだろうか。

てーことでリメイク版を見る前に本家『呪怨』のレビューをどうぞ。
もちろんネタバレありなのでご注意下さい(まーホラー映画にネタバレも何もあるかという気はするが)。

老人介護施設でボランティアとして働く理佳は、徳永という家に連絡のとれなくなったヘルパーの代理として派遣される。
家の中は荒れ放題で、口もきけない老婆が一人きり。家を掃除していた理佳は、2階の押入れに閉じ込められていた少年を発見し……。

徳永の家を中心に、ちまちまと主人公を変えるオムニバス形式のお話。
とりあえず「眠い」という妹を叩き起こして見てました(だって怖い場面を1人で見るのヤじゃないですか(笑))。
最初は学生の理佳が2階の押入れで子供を発見するところからですかね。
なぜかガムテープで目張りされた押入れ。
そもそもそんなもん、物音がしたからって開ける気にもなりませんが、まあ猫の声がしましたから。もし中に猫が閉じ込められてたら、私もやっぱ開けるかな……。
そんで「いったいあのコは!?」とばーちゃんに詰め寄る理佳ですが、ボケきって口もきけないばーちゃんには何も答えられません。
子供は「トシオ」と自分の名前を名乗りますが、それ以上のことは不明。
これは手におえんと施設に電話した理佳ですが、ばーちゃんの様子が何やらヘン。
あれ?と思ったら、ばーちゃんの上にまたがる黒い影。
何!?と思ったらさらに影の中に目玉出現。
「きゃああああ!!」→気絶→暗転。(←はぇえよ)

さてここで舞台は変わらずこの徳永の家ですが、時間は少し巻き戻った模様。
ばーちゃんのほかに、息子夫婦が暮らしています。
そんで夜中に家の中が散らかってたり足音がするのはボケたばーちゃんのせいだと思ってます。
それがある日の昼、突然妙な物音がします。
裸足の子供が黒猫さらってくのを追って妻は2階へ。(なぜに猫は必ず黒猫なんだろう)
そんで部屋に入った妻、猫の叫びと共に悲鳴→暗転。
暗転が多いですこの映画。
まーそれはさておき旦那・勝也が帰宅します。しかし家の中がなんだかヘン。
妻は呼んでもいないし、いろんなものが散らかってるし。普通強盗を疑うトコです。
とりあえず確認に2階に向かったら、ベッドで気絶している妻を発見!
「救急車!」と携帯を取り出した旦那の後ろを裸の子供がラナウェイ。
旦那「…………え???」
救急車を呼ぶことも忘れた旦那、押入れやらベッドの下やら探しまくります。
そしてそんな隙間はないはずのベッドと壁の隙間から体中白塗りの子供出現! その口から漏れる猫の叫び! 「ぎゃあああ!!」→暗転
その後間もなく、旦那の妹がやってきます。
しかし家の中の様子はますますヘン。
どころか旦那は妻の死体をどこぞに隠し、妹を無理矢理家から追い出すのでした……。

そんで心配する妹・仁美の身にも奇妙なことが起こり始めます。
最初はなんかヘンな物音で。
それが会社の女子トイレに行ったら、誰かが後から入ってきた気配。連絡が取れなくなっていた兄・勝也から奇妙な電話がかかってきて、気持ち悪いと思っていたらトイレのいちばん奥の個室から奇妙な女の影が!
貞子出現!!
慌ててトイレを飛び出し、仁美ちゃんは警備員室に駆け込みました。
しかし警備員には何と相談したのか謎ですが。(女が女子トイレにいたっておかしかないだろ)
いちおう様子を見に行く警備員。その様子を警備員室からモニターで見ていた仁美ちゃんですが、なんと警備員は黒い影に引きずりこまれてトイレで食べられてしまったのでした。すげえや貞子(笑)。
てーことで会社を逃げ出し、一目散に家に逃げ帰った仁美ちゃん。
マンションのエレベーターって、窓が開いてるじゃないですか。その窓のすみっこに、必ず映る白い子供の影!
全フロアにいるのが根性です。
でも気付かない仁美ちゃん。実際自分の部屋のあるフロアにはいないんですよね(笑)。
そしてやっとお家で一息つくと、電話が鳴ります。
「勝也だけど」
「お兄ちゃん!」
「いまお前のマンションの前にいるんだ。部屋は何号室だっけ?」
「702号室よ」
……このへんはあれだ、都市伝説を思い出しますな。呪われた人形の話。捨てたのに舞い戻ってきてしまう。
「ハロー、あたしリ●ちゃん! いまあなたの部屋の前にいるの!!」
いやなんか違いますけどね(笑)。
そんですぐさまインターフォンが鳴り(早すぎ)、ドアスコープから覗けば確かにそこには兄の姿が!
「お兄ちゃん!」
でも開けると誰もいない。
怖くなった仁美ちゃんはまっすぐベッドに逃げ込んで布団を引っかぶりました。私から見ると徹底的に防御できない姿勢でオススメできませんが(笑)。
しかし布団をひっかぶったものの、人は沈黙に耐えられない生き物(笑)。
思わずテレビをつけたらキャスターの顔がすさまじく歪み、電源が切れました。
何!?と怯える仁美ちゃんの布団の奥が盛り上がり布団の中から貞子出現。
仁美ちゃんは布団の中に引きずり込まれ、布団はまったいらに→暗転。

さてここで舞台は徳永の家に戻り、連絡のない理佳ちゃんを施設の人が心配して様子を見に来ると、ばーちゃんは死んでるわ理佳ちゃんは放心状態だわでようやく警察のお世話に。
刑事さんがじゃあまず家族に連絡を、と携帯を鳴らすと着信音が2階から……そして天井裏から、勝也夫婦の死体が発見されたのでした。
刑事たちが調べると、この家ではもう何度もこういった事件や死者が出ていることがわかります。
そのいちばん最初の事件が、9年前、佐伯剛雄が妻・伽椰子(カヤコ)を殺して自分も死に、息子のトシオは行方不明……理佳が見た「トシオ」という少年はこの子だったのです。
貞子の正体判明。
つーことで今後はこの女性のお化けは伽椰子ちゃんと呼びます(笑)。
ちなみに理佳はベッドの枕元に伽椰子・足の上にトシオが乗ってるという金縛りなんざ目じゃないぜ状態を体験。
発狂もんです。

さて刑事たちは、この9年前の事件を知る遠山という退職した刑事を探し出します。「もう当時のことを知っている人はあなたしかいないんです」って、他の人間はみんな死んだのか。
あの家に足を踏み入れたものは皆死ぬ、とかいうとツタンカーメンの呪いみたいですが(笑)。
遠山さんも娘もいるし関わりたくないというんですが、あの家でまた死人が出たときき、ちょっと興味を持ちます。
そんで仁美と警備員が消えた時のビデオを見ることになるんですが、途中でまた死体が見つかって刑事たちはちょっとビデオを止めて席を外します(つかこのとき見つかった死体が誰なのかがよくわからんのだが)。
ここで勝手にビデオが再生されたら怖いなーとか思ったんですが(笑)、そこは人間。
ヒマ、だったんですね……(涙)。
遠山さんはつい1人でビデオを再生してしまい、警備員を引きずり込んだモノを見てしまうのです。そして廊下に出てきたモノは、ビデオカメラの下を行き過ぎた……と思いきや突然画面に張り付き!
このときの遠山さんの気持ちを代弁するなら「見つかっちまったー!!」てとこでしょうか。せっかくツタンカーメンもとい伽椰子ちゃんの呪いから逃れていたのに(涙)。
てわけでこれはいかんと思った遠山さん、徳永の家に火をかけるという荒業に出ようとします。
ざばざば石油を撒いて、俺はやるぜ俺はやるぜ!と思ったら、なぜか突然さんざめく女子高生たちの笑い声。
明るい光の中、そこにはまばゆく成長した娘の姿が……!!
しかし娘はあっとゆーまに逃げ出したんですが、他にも声が。
おかしいと思って2階へ行くと、そこだけなぜか昼間で、3人の女子高生が笑いあって……いきなり伽椰子ちゃんに食われます。
「うきょおおおお!!??」ってカンジです。
そしてその部屋から、伽椰子ちゃんが奇妙なカッコで床をはいずり降りてきます。
なんつーか人間蜘蛛女。
今度こそ発狂寸前の遠山さんですが、そこへ刑事2人が到着!
「どうしたんですか遠山さん!」「なんだアレは!!」
刑事2人は食われましたが遠山さんは逃げました。
遠山さん……(涙)。
でもって暗転。(←あーもー)

今度の舞台は数年後、遠山さんちの娘・いづみちゃんが主人公。
町内会の掲示板には、彼女の学校の少女が3人も行方不明との張り紙が。
さて一方、修学旅行から帰って来たのに、なぜか貼り出された写真の中にはいづみが写っているものが1枚もないのです。
そしていづみちゃんも様子がおかしくなり、あらためて旅行の写真を持ってきた友達は、彼女が部屋中の窓ガラスを新聞紙とカーテンでふさぎ、すっかりおかしくなっているのを発見。
母親いわく、おとーさんも最後はそんなふうで死んだとか。
つか遠山さん、あのあともしばらく生きてたんか。
根性です。
いづみちゃんがおかしくなったのは、実は行方不明の友達3人と『お化け屋敷』へいき、なんだかイヤんなカンジがしたので1人だけ逃げ出してきてしまったという罪悪感のせいでした。
すっかりおかしくなったいづみちゃん、仏壇のある部屋で遠山さんの幽霊を見ます。
でもこの幽霊もイカれてます。
娘を守るどころか「あうあうあう」とうなってるだけ。
そして、ある夜とうとう、塞いだはずの窓から3人の友達が現れます。
仏壇のある部屋に逃げ込むいづみ! 扉を閉め、さらに重しも!
でも友達の幽霊はそんなもんものともしません。
つか幽霊が重しを手でどけて入ってくんな。とか思うんですが(笑)。
そして仏壇の前に追い詰められたいづみ……助けてお父さん!と思うとこですが、なんと仏壇から伽椰子出現。
いづみを仏壇の中の闇へ引きずり込みます。
そしてすべてが消えたら、位牌が増えてます。
おーい。
仏より強いんか君は。
ビックリです(笑)。
「一度でもあの家に足を踏み入れたものは逃がさへんで~」というカンジです。執念深いったら(まー執念深くなきゃ怨霊になぞならんだろうが)。
んでまた暗転(笑)。

今度は社会人になって介護施設で働く理佳ちゃんが主人公。
つかあんた生きてたんか(笑)。
まあそれはともかく、小学校の先生になった友達とお茶していたら、喫茶店のテーブルの下に「トシオ」がいたり、うとうとしたら部屋中が黒猫だらけだったり、正直言ってなんで今頃?な呪いが発動。
そしてその友達から「いま家庭訪問してるんだけどヘンなの……」と電話が。
その家こそ徳永家!!
まさか!?と思いつつ駆けつける理佳!
2階の天井裏に飲み込まれた親友を追って昇ると、またもや人間蜘蛛女登場。
おーい伽椰子ちゃーん。
階段を転げ落ちた理佳、逃げようとしたのに鏡に映った伽椰子に気をとられているうちに蜘蛛女が階段をずるびちゃと降りてきます。
なんかヘンな服着てるなーと思ったら、あれは殺された時に入れられていたゴミ袋だったんですね……切ない(涙)。
そして、指の間から覗くと違った見え方をすることに気付いた理佳の前に、殺人鬼・佐伯剛雄出現。
彼がその血まみれの手を理佳に伸ばし……。
「きゃーああああ!!」
暗転。

そして町内会の掲示板には「行方不明者」のチラシが増え、町のあちこちに徳永の家の中のようにゴミが散らばり、町は静まり返ったまま……。
呪いは家の外へと広がっているのか。

終幕。

え?

……ごめん。ぜんっぜんわかんなかった。
そもそもトシオはどこいったんだ。
伽椰子はいったいなんであんなに強力な呪いを持ってるんだ。
なんで理佳の友達まで呪われちゃうんだ(つかトシオ、学校行ってたのか? 立ち入り禁止の家に家庭訪問できたのか?)。
とかいろいろね。
あと検索かけてみたらこの『呪怨』、他にビデオ版というのがあり、それじゃなぜか最後は理佳が伽椰子になってしまう、らしい。

水原「……え? 理佳が伽椰子になる? なんじゃそりゃ」
妹「でもそれっぽい場面あったよ。ラストで鏡に映った理佳がカヤっちになってたり、回想でこれまでカヤっちだった顔が全部理佳になってたりしただろう」

鏡はともかく、回想の方は全然気付かなかった。
つか人の顔おぼえるの苦手なんだ。
でもそれ以前に妹よ。
カヤっちって……(爆)。(うわなんか全然怖くねえ)(まあ仏壇から飛び出す時点で笑えるけどな)

てことで総評。怖いけど笑える映画でした。
なお『2』を見ても謎はいっこも解けないそうで。

アメリカ人、こんなの見て面白いんですかねえ。

|

« 『火の粉』~あなたの隣人は、親切ですか? | Main | 『女子大生会計士の事件簿 Dx.1』~あなたの人生も会計が握っている!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『火の粉』~あなたの隣人は、親切ですか? | Main | 『女子大生会計士の事件簿 Dx.1』~あなたの人生も会計が握っている!? »