« 『片想い』~それは永遠の | Main | 『スウイング・ガールズ』~スイングしようよ! »

April 04, 2005

『シルミド』~むしろ韓国を嫌いになる映画

シルミド / SILMIDO
ソル・ギョング カン・ウソク アン・ソンギ チョン・ジェヨン

アミューズソフトエンタテインメント 2004-10-22
売り上げランキング : 6,293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

韓国嫌いの現在は見るべきではなかった映画。
むしろ「韓国って馬鹿じゃないの?」と思いました(失礼)。
韓国じゃずいぶんヒットしたらしいですけど。

1968年、死刑囚ら31人の重犯罪者たちが無人のシルミ島(シルミド)に送られた。
そこで彼らは刑の帳消しと引き換えに、北朝鮮の最高指導者・金日成の暗殺を命じられ、極秘の暗殺部隊へと成長していく。
だが政府の外交政策の転換で暗殺計画は中止。
しかも政府はこの部隊の抹殺を軍に命じるのだった…。

そもそも北朝鮮が韓国大統領暗殺部隊を差し向けたことから、「目には目を」で作られたのが684部隊。
なんか延々と過酷な訓練が続きます。
この映画が日本ではヒットしなかったのは女性受けしなかったからだっていうけど、そりゃそうだろう。
登場人物が男ばっかなのはいいですけどね。
でもこの映画の登場人物、日雇い土方系オヤヂばっかなんだもんよ。
正直、全然キャラの区別がつきませんでした……。

あと全員重犯罪者のくせに、任務を聞いた途端「おおおお!」って目ぇ輝かせて頑張っちゃうのがすごいウソくさい。
ひとりくらい脱走した方が真実味あるのになあ。
まあともかく、この部隊にはマンツーマンで指導兵がつき、1年くらい無人島で過酷な訓練を続けます。
本当に過酷です。
でも華々しく地雷なんか爆発させたら絶対アメリカの軍事衛星にバレると思います。
何あれ……過酷すぎて死ぬよ。
まあともかくついに「明日の夜決行だ!」と言われます。
明日の夜はちと突然すぎるだろうと思うんですけど。ねえ。
しかも「必ず生きて帰るんだ!」と荒海に漕ぎ出した途端、作戦中止ですよ。
この燃え上がった特攻精神をどうしろと。
というわけですっかり熱意を失い、ダレてしまった部隊のメンバー。
ある夜、とうとう2人が脱走します。
聞いた指導兵の隊長いわく。

「隣の島と陸続きになるときは注意しろと言ったろう!」

あー、時間によって潮が引くと歩いて隣の島行けちゃうわけね。
てかそんな近くに人が住んでる島で地雷とか派手に爆発させてたんだ?
無人島も何もあったもんじゃないよ……。
で、脱走した2人がどうしたかっていうとまず強姦。
…………。
どこらへんを同情しろって?
いくら2年も訓練に明け暮れて女なしだったからって言ってもねえ。
つかもうこの瞬間から、「けっ、しょせん犯罪者か」と思ってしまったわけですよ。
ああ、ところで皆さん、韓国の性犯罪発生率は世界でもトップクラスって知ってました?
昔の話じゃありませんよ。現在です。
冬ソナツアーの女性客がホテルの従業員に暴行されたってニュースもありましたし、韓国旅行に行かれる場合は真剣に注意が必要ですよ。
(なーにが「韓国の男性は紳士的」なんだか)
閑話休題。
まあその2人は心中しようとして失敗、1人が生き延びて連れ戻され、最後は主人公に頭かちわられて死亡。
……えー……このへんよくわかりませんでした。
あれは「情け」なのか……?
鉄バットで頭かちわるのが……。
まあいいですけどね。
あ、そういえば主人公の話を忘れてました。
えー、主人公はヤクザの鉄砲玉でした。
父親が昔、母と息子を置いて北朝鮮に渡ったため、その後数多くの迫害を受け、ろくな仕事にもつけずヤクザになるしかなかったんだそーです。
まあ主人公なんで多少は同情される設定を持ってきたんだろうなあ。
(ここはただの大量殺人犯とかじゃダメだよねやっぱ……)
そんで指導兵にも散々罵られ危うく殺しそうになりますが、そんな生活がどれほど苦しかったかを訴え心を通じ合わせたりね。
でも肝心の任務はどうなったかというと、外交政策転換で中止。
「機密保持のため684部隊を抹殺せよ」と情報部は指導兵の隊長に命じるわけです。

「こんな作戦が外国にバレたら野蛮な国家だと思われてしまう」

いやバレるバレないに関わらず立派に野蛮だと思うけど。
でも3年も指導してきた隊長(つか3年もよくもったよ……)、そんなことは出来ない、だが断れば指導兵も全員殺される……とめちゃくちゃ悩みます。
そんでふたりの部下に相談することに。
すると普段は部隊に厳しくあたるチョ2曹が「そんなことは絶対できない!」と反対し、逆に部隊に対し「いい人」だったパク2曹が賛成。

「いくら情が移ったといっても一緒に死ぬことはできない」

まあそりゃそうだな。
しかも。

「僕に1ヵ月後に生まれる赤ん坊を見ないで死ねと!?」

いやそれは言えないわ(涙)。
まあ3年も一緒だったし辛いのはわかるけども、本来ならとっくに死刑になってる犯罪者だったんだしさあ、と見ている私はパク2曹派だったんですが、隊長は主人公にわざとこの話し合いを盗み聞きさせてました。
隊長……それはいかんだろ……(涙)。
や、だって考えてみてくださいよ。
彼らは暗殺訓練を受けた犯罪者だよ?
言ってみれば歩く凶器ですよ。
大人しく脱走すりゃいいけどさ……。
悩む主人公をよそにパク2曹は邪魔なチョ2曹を「最後の嘆願に」と出張させてその間にやっちまおう、と提案。
鬼教官だったくせに実は人のいいチョ2曹、素直に出張に。
彼が唯一の味方であったことを知る主人公たちは思わず彼に駆け寄りますが、結局何も言えず、「何か甘いものでも買って来てもらえたら……」などとごまかして、敬礼で見送ります。
ここだけはいい場面だった。
で、まあその夜、パク2曹は皆殺しを計画するんですが、チョ2曹を追い払った時点でバレバレだったわけで。
特殊部隊武装決起。
どっちも「俺の指導兵は殺したくない」「担当隊員は殺したくない」なんて言ってましたが、結局犯罪者が先制攻撃して指導兵皆殺しですよ。
……移動手段を奪って足止めして脱走するとかいう選択はなかったわけ……?
ないのよね、ああしょせん犯罪者だもんなあ(涙)。
で隊長は「なぜ俺に立ち聞きさせた!?」と問う主人公に「どちらも選べなかった……」と答えて自殺。
最低の上司だなあんた。
つまるところ彼は両方を殺したわけですよ。
反乱を起こした684部隊が生き残れるわけがない。
ならばせめて指導兵だけでも救うべきでした。
1兵でも多く生かすのが司令官の仕事だろう。
ああもう、いい人ぶって優柔不断なのがいちばん迷惑なんだ(涙)!
(あとこの隊長、684部隊に同情してたし実力は評価していたがその人間性は信じていなかったと思う)
(信じてたら機密保持を言い含めて脱走させるという手もあったはず)
(そしたら指導兵の方は口裏合わせて戦ったけど不意をつかれて負けたとか言えばよかったんだから)
ともかくそんなわけで生き延びた20人ちょいの684部隊は、「大統領に俺たちの存在を訴えよう!」とソウルへ向かうべくバスジャック。
ああそう……しょせん犯罪者だもんね……。(←もう疲れた)
「共産ゲリラ」扱いされて憤りながらひた走る一同。
で、さらに凄いのがですねえ。
韓国軍、人質いるのに撃ちまくりですよ。
運転手死んでるよ!?
ちょっと中にまだ子供連れとかいるんですけど!
交渉とか説得とかなし!?
たぶんこれは映画だから……本当はも少し違うんだろうけど、それにしたって……(汗)。
その騒ぎを聞きつけて駆けつけるチョ2曹。
飴玉の袋を落とすとこが泣けます。
いい人だったのに……(涙)。(いやチョ2曹は死なないけど)
そしてついに追い詰められた684部隊、人質を逃がして手榴弾で自決。
その行動は「共産ゲリラのテロ」として扱われ、以後真実は深く封印されたのでした……。
<完>

水原「……で、こいつら結局北朝鮮には一歩も足を踏み入れてないんだな」
妹「そだね」
水原「で何をやったかというと」
妹「レイプとバスジャック
水原「最低の連中だな

なんだか韓国が嫌いになりそうな映画でした(つかもう嫌いだけどさ)。

|

« 『片想い』~それは永遠の | Main | 『スウイング・ガールズ』~スイングしようよ! »

Comments

やっぱ人生失敗した人間は見え方も普通の人間と違うんですねW
映画ごときで国の好き嫌いが別れちゃうなんて、どういう教育受けてきたのやら。
社会で同じこと言っても、白い眼でみられるからこんなブログ立ち上げちゃって、ストレス発散してるんでしょ?

大丈夫? 他人を卑下してストレス発散させても自分の人生は何も変わらないからね。
頑張って自分の人生変える努力しようね。
じゃ。

Posted by: | December 09, 2016 at 03:54 PM

11年前の記事に腹立てちゃうてwどうしたの?シールズ君と
1年後の2017年にコメしてみました

Posted by: | August 02, 2017 at 08:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『片想い』~それは永遠の | Main | 『スウイング・ガールズ』~スイングしようよ! »