« 『シルミド』~むしろ韓国を嫌いになる映画 | Main | 『イノセンス』~それは、命……? »

April 18, 2005

『スウイング・ガールズ』~スイングしようよ!

スウィングガールズ スタンダード・エディション
上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ

東宝 2005-03-25
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高校の夏休み中、野球部の応援をしている吹奏楽部が食中毒で入院。
急遽代わりの楽器を演奏できる生徒が募集され、補習をサボる口実として参加した女子高校生たち。
ところがろくに楽器が出来る生徒がおらず、集まったメンバーでなんとかやれそうだとなったのがビックバンドジャズ。
始めてみれば意外に面白く熱中してしまうが、本番直前に吹奏楽部が復帰。
一度は投げ出したものの、やはり諦められない彼女たちは楽器を買うためバイトを始め……。

えー、簡単に言えば『ウォーター・ボーイズ』の女の子版。
なので実はあんまり期待してなくて、単にロケ地が実はウチの田舎(同じ県内(笑))ってんで見てみたんですが、いやー面白かった!
パターンではあるんですけどね。
妙な教師役の竹中直人とかもう定番なんですけど。
でも楽しい(笑)!
田舎の風景や方言も懐かしいし、ってこれは私限定の楽しみ方かもしれませんが(笑)。
ところどころツッコミも入りますけどね。
楽器買うためのバイトで、スーパーのレジが女子高生ばっかりそんなに雇ってくれないよーとか。
ヒロインが音楽祭の申込を忘れてたのを当日まで言い出せなくて、しかも誰もそれに気づかないとか、それなのに大雪で欠場する学校が出たからといきなり出場OKになるなんておかしいとか(笑)。
あとけっこう細かく場面が分かれてて、夏に始まったのに音楽祭が冬だからけっこう長く感じる。

でも楽しいから結果オーライ(笑)。

や、キャラがいいですよ!
脇役まで皆生き生きしてる。
野球部で頑張ってたのに最後の最後の場面で空振っていきなり遊び人になっちゃう井上先輩とか、ロックバンドやってたのに女子高生にフられてフォーク始めちゃう兄弟とか最高(笑)。
最後の音楽祭での演奏は本当に感動します。頑張ったなー!

「人は2種類に分けられる。スイングするものと、しないものだ!」

という井上先輩の言葉どおり、一緒にスイングしちゃいますよ!
同じアホなら踊らにゃ損々ってね(笑)。
映画中で使われている曲は誰でも知っているような名曲ばかりなので馴染みやすいし。
イノシシの場面で使われるルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」、そしてエンドクレジットで使われるのがナット・‘キング’・コールの「LOVE」。
この曲がすっごくよくて、何度も歌ってからようやくコーヒー『BOSS』のCMソングだと気づきました。
浜崎あゆみが「お願いボス♪」って歌ってた奴です。
あれ好きだったんですけど、これが元ネタだったんですね。
自分で歌ってみるまで気づかなかったのもどうかと思う……。
まあともかくそんなわけで、無性に見終わった後、ジャズCDが欲しくなる映画です。
元気が欲しいときにオススメの1枚でした。

|

« 『シルミド』~むしろ韓国を嫌いになる映画 | Main | 『イノセンス』~それは、命……? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『シルミド』~むしろ韓国を嫌いになる映画 | Main | 『イノセンス』~それは、命……? »