« 『こっこさん』~にわとりのいる暮らし | Main | 『マンガ嫌韓流』~応援します!一家に一冊! »

July 18, 2005

『パニッシャー』~制裁と書いて私怨と読む

B00068CAN6パニッシャー コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-05-25
売り上げランキング : 2,704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

暑くて死にそうなのでぐーたらとDVDなぞ見ております。

FBIの潜入捜査官フランクは武器密輸の現場を抑えることに成功するが、その場で街の大物マフィア・セイントの息子が死んでしまう。
セイントは復讐としてフランクとその家族の皆殺しを命じるが、フランクは辛くも生き延び、セイントに復讐を誓う。

アメコミの映画化なんですね、これ。
といっても主人公はスーパーヒーローとかではなく普通の男。
なんてーか非常にダラダラとした映画だったなあ。
冒頭、取引場面で誰が裏切ったんだろうと思ったら主人公は死体袋から復活。
後腐れなく潜入捜査官から足を洗うために死んだフリを仕組んだんでしょうが、結果マフィアの息子が死んじゃったねえ……うーむ。
そんでこれからは家族と水入らず☆とプエルトリコで遊んでるところにマフィアの殺し屋が襲ってきます。
死闘虚しく、一族と妻子も皆殺しにされ、ついに捕まる主人公。
胸を撃たれてガソリンで吹き飛ばされてなお生きているあたり既におかしいが。
てかあの状況で心臓外すマフィアってどうなの……?
そんで呪術師に助けられたフランクは、妻子が殺されたコテージで最後に息子が贈ってくれた髑髏マークのTシャツを拾い上げ、復讐を誓います。
誓うのはいいさ。つか流れとして当然だ。
だがボロアパートに武器庫こさえるのはどうよ。組織の下っ端拷問しちゃうのはどうよ。
住人いるんですけど!?
この拷問場面も大笑いなんですけどね。
トーチを見せて「熱すぎて冷たく感じるんだ。ほら、肉の焼ける匂いがするだろう?」とアイスを下っ端の背中に押し付け、ステーキ焼いてます。
あれ、やっぱ終わったあと食ったのかな(笑)。
そんで下っ端を味方につけたフランクはセイントたちの周囲を調べつつ、アパートの住人と親しくなっていったり。
しかしフランクが生きている事を知ったセイントが南部の殺し屋を差し向けてきます。
突然ギター抱えて歌いだす殺し屋を。
ギターケース持ってフランクのいる食堂入ってくるから「すわ殺し屋か!?」と緊張するのに、取り出したのは本物のギター。
「あんたのために作ったんだ」と歌を熱唱。
終わるとおもむろに「葬式で歌ってやるぜ」と出て行くので、一瞬「……ただの名前を売りたい売れない芸人だったのかしら」と本気で思ってしまいました(笑)。
でもさすがにそんなわけはなく、その後車で襲ってきて返り討ちにあってます。
2回に分けてくる意味がどこにあったんだろう。
今回最高に意味不明でした、ギター侍(笑)。
えーとエピソード順番バラバラですが、フランクは色々裏工作やってます。
妻と側近が浮気してるとセイントに思わせようとしたり、セイントの裏金をビルの屋上からばら撒いたり(つかさ……あのビルへのバレバレの忍び込みっぷりは何)(あとセキュリティって言葉はないのこのビル)。
怒ったセイント、今度は「ロシア人の殺し屋を呼べ」と命じます。
その頃のフランクはといえばアパートの住人に食事に招かれてました。
何のかのあって住人たちに好感を持たれているフランクですが、それが居心地悪いなーと思ってるわけですよ。
ほら人殺しだし。
で部屋に戻って酒を煽ってたらドアをノックされて、ああもうって開けたらロシア人プロレスラーに殴りこまれました。
……素手の殺し屋……?
アメリカ人はロシア人は素手で熊を殺すと思っているのだろうか。
そして延々と続く肉弾戦。
すごいよロシア人!
フランク投げて壁はぶち抜くわ、手榴弾は打ち返すわ、銃も曲げちゃったよ!
でも住人たちは踊ってて気付きません。
すごい戦いでしたよ(笑)。
そしてついに住人たちの部屋に転がり込んで殺し屋に熱湯を浴びせ、階段から落ちるフランクと殺し屋。

「俺は大丈夫だ。だが奴はダメだ」

ビックリして見下ろす住人たちにそう言うフランク。
が、大丈夫なわけはないってか頭からひっくり返りました。
病院へは連れて行けないしどうしようってとこへマフィア到来。
ああ、そういや殺し屋来たってことは居場所バレてんだもんね。
床下にフランクを隠し、拷問に耐える住人。いい人だなあ(涙)。
半日経って復活したフランク(早すぎるよ!!)、マフィアが残した見張りをペーパーカッターで脳天かちわり。
……これでも主人公が『正義』と主張するアメリカ映画ってすげえと思いました。
ともかく今度こそ復讐を終わらせようと決意するフランク。
そしてフランクと下っ端に騙されたセイントは、妻と側近が浮気していると思い込み、側近を殺してしまうのですが。
彼は本当はホ●で、そのうえたぶん君に惚れてたよ……(涙)。
いや殺される場面見るとマジで!
20年も側に仕えていた純愛だったのになあ(涙)。
そんで妻の方はといえば、線路に投げ落とし轢死させましたよこの男は。
そしてクラブに殺し屋達を集めてフランクを待ち受けるセイント。
フランクはまるでランボーのような武装をしてクラブに乗り込みます。
しかしこんなときにシャンパン頼んでるセイントはもうどうしようもない馬鹿です。
リフトでフランクが揚げたシャンパンには爆弾が仕掛けてあって、殺し屋さんたち一気に吹き飛ばされましたさ。
そこを銃で片っ端からとどめを刺していくフランク。
セイントのもう1人の息子は対人地雷をお手々に乗せて「どこまで我慢できるかなー?」って、おーい正義?
そして駐車場でついにセイントを追い詰めるフランク。
側近と妻のことは自分の企みだったと話し、さらに彼の足を車の後ろにロープで繋ぎます。
ほら、よく西部劇なんかで拷問として馬に引きずらせるじゃないですか。
あれですよ。
でその車が走り出すと(フランクは乗ってません)、駐車場の車が次々爆発炎上。
いったい幾つ爆弾仕掛けたんだお前!?
もう関係ない車も爆破してんだろ!?
そして駐車場を上から俯瞰すると燃える車で髑髏マーク。
……ねえ何がしたかったのフランク……(涙)?

そして今夜死ぬ気だったのにうっかり生き残ってしまったフランク。
アパートに戻り(……戻るなよ)自殺しようとしますが、妻の幻に止められまして。ええ。
自分に都合のいい幻を見ているだけだと人は言うでしょうが、ともかくもそれで死ぬ気をなくしたフランクはセイントから奪った金を住人に残して去ります。
最後に揺れる橋の上でモノローグ。

「悪を為すものよ、我が名を知れ。俺は『制裁するもの』(パニッシャー)だ……」

あ、いきなり私怨から正義に走った。

つまりあれか、今後は『処刑人』として生きていくと?
そういやセイントを殺す前も「これは復讐ではない、制裁だ」とわけのわからんことを口走ってましたが……誰がどう見ても復讐だよ、それ。
うん、まあ……いいけどね?
ところで警察はこいつを捕まえなくていいんだろうか……?

|

« 『こっこさん』~にわとりのいる暮らし | Main | 『マンガ嫌韓流』~応援します!一家に一冊! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『こっこさん』~にわとりのいる暮らし | Main | 『マンガ嫌韓流』~応援します!一家に一冊! »