« 『レーシング・ストライプス』~走れ、シマウマ! | Main | 日本人の興味あること »

October 22, 2005

『CSI:マイアミ1』~科学捜査の最先端!

B0009WWF3YCSI:科学捜査班 マイアミ コンプリートBOX 1
デヴィッド・カルーソ アダム・ロドリゲス エミリー・プロクター

ポニーキャニオン 2005-09-21
売り上げランキング : 232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1枚のディスクに3話入ってますし、1話完結なのでレビューは一言ずつ。
書かなくてもいいかなーと思いましたが、これも記憶力を高める訓練と思って……(涙)。(「思い出す」ってけっこう大事なことらしいですよ皆さん!)

さて毎回映し出される高層ビルや波打ち際まで続く建物に、マイアミってリゾートで都会だなーと毎回感心しますが場所がどこらへんかはいまだによくわかりません(笑)。

<第1話:マイアミ上空 17秒間の惨劇>
マイアミチーム初登場。自家用飛行機墜落の原因を探る話。
のっけから前チーフという女性メーガンさんが復帰で紛争の種かと思いきや、この人段々出てこなくなっちゃうんですよね。
しかし幾ら証拠といえど飛行機まるごとえいやっ!と運んできちゃうとこはすごい。

<第2話:戦慄の首輪爆弾>
ホレイショさんが爆弾処理班にいたという過去がわかるお話。
最後、犯人の首に巻かれた爆弾を外すところが早業過ぎて見えませんでした……。

<第3話:漂流 新月の闇>
キューバ人密航者を乗せた船で起きた殺人を巡る話。
「海の上で捕まれば強制送還だが1歩でもアメリカの土を踏めば亡命が認められる」ってアメリカっぽいというかなんというか……。
しかしお兄ちゃん、巡視船に気づいてもらってから撃てばよかったのに……馬鹿だな……。

<第4話:汚れた血 欲望の海>
マイアミはリゾートなのでとっても海辺がいいムードです。
一夜の恋もありですが、それが殺人とレイプ、そして政治スキャンダルに発生。
メーガンさんが「やっぱり彼女を愛してる」という被害者の恋人に「腕時計で恋人を売るような男に愛してるなんて言う資格はない」と言ったのに納得。

<第5話:心の十字架>
カトリックの神父が殺された事件。
もしか神父が悪いことをしていたの!?と思わせて全然そうじゃなかった。
「夫の暴力を知っていたんでしょ!?」って言われても、えーとそれは神様じゃなく警察とか女性保護団体の仕事なんじゃ。
あと車ごと焼き殺された女性の胃から4カラットの指輪が出てきて、買った男いわく「一夜のお礼だが彼女が誤解した」って、一夜の遊びに4カラットの指輪贈るわけないだろ!? と激しくツッコミましたが証拠がなくて捕まえられなかったのがめっちゃ悔しい。

<第6話:魔の手>
とってもアメリカだなーと思った話。
屋内型遊園地で母親が一瞬目を離した隙に子供がいなくなるんですが、母親が「子供がいなくなったの!」と訴えた途端、従業員が非常ボタン押して全出入り口を封鎖しちゃうんですよ。
迷子より事故より先にまず誘拐を考える。
さすがアメリカっていうか、こんなとこは見習いたくないもんですが。

<第7話:ブレスレス 危険な戯れ>
何かあやしげなパーティーで余興をしていた男が死んだと。
毒で殺された場合、よっぽど特徴のあるものでない限り、その「毒」が何なのかを特定するのが大変なんですね。
ふーん、覚えとこ。(え?)

<第8話:一家惨殺の怪>
道を血まみれの赤ん坊が歩いてて、血痕を調べるとどうやら家族皆殺しにされたらしいと。
その家はどこなのかと一生懸命探すわけですが、子供の歩く距離なんてたかがしれてんだし方角わかってるなら
そのへん警察官を大量投入してしらみつぶしに調べたらどうだと思うんですがなぜかホレイショさんは車で流しながら捜索、そして空からヘリでも捜索。
マイアミってそんな広いんか……?
そして犯人よ、何で素直にベビーシッターとか雇わなかったんだ。

<第9話:狙撃者 静なる殺し>
いわゆる無差別殺人。ビルのてっぺんからライフルで一発必中。
条件が整うまでは一昼夜でも待つという、ゴ●ゴ13みたいな犯人です。
手作りの都会迷彩服に馬鹿受け。
鳥の羽を植え付けたボロ毛布みたいなシロモノで。
忍耐力をつけるために盆栽やってるとか言ってましたが、素直に盆栽コンテストで優勝とか目指してくれた方が平和だったんだけどなあ。

<第10話:カリスマ教授の異常な生活」>
森で拷問され死んだ教授は人間の残虐性を研究していた。
って、こんなむちゃくちゃな人間が大学教授だなんてこと自体が間違っている。つか実験で犬を拷問すな!

<第11話:吸血の森>
メーガンさん突如引退の巻。役者さんが逮捕されたって?
事件は森で死んだ少女の死因を探る謎。
不幸な偶然が重なったともいえるけど、大量のヒルに吸われて失血死ってヤな死に方だなあ。

<第12話:目覚めた男>
退屈な日常に飽きてかなり危険な方向に目覚めちゃった中年男性のお話。
指紋偽造を突き止めるホレイショさんがかっこいいです。

あと『24』のジャックの口癖は「Now!」ですが(笑)、ホレイショさんは相槌の「uh-huh」が何か色っぽくてどきどきします。
思わず押し倒しそうになるじゃないか(笑)!

|

« 『レーシング・ストライプス』~走れ、シマウマ! | Main | 日本人の興味あること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『レーシング・ストライプス』~走れ、シマウマ! | Main | 日本人の興味あること »