« ipod nanoから~今日の一曲 | Main | 『ファイナルファンタジーXⅡ』~待ちに待ったり! »

January 07, 2006

『交渉人 真下正義』~『踊る』魂、今いずこ

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア 本広克行 寺島進
B000B5M7T6

クリスマスイブの夜、「弾丸ライナー」と名乗る謎の人物が地下鉄の新車両を盗み出し、路線上を勝手に走らせ始めた。
衝突の危機もある状況に、犯人が要求してきたのは「日本初の交渉人・真下」との対決だった。
イブのデートで雪乃にプロポーズする予定だった真下は、果たして犯人を逮捕することができるのか。

うーん……『踊る』スピンオフですが、正直に言うといまひとつ。
いやもうさっくりネタバレいきますけど、犯人の正体も生死も不明なんですもの。
舞台はほとんどが地下鉄のシステム制御室。
そこに交渉課の面々がパソコンを持ち出して奮闘するって話です。
地下鉄のシステムは独立型で、つまりネットから侵入されることはないのでシステムを作った人間が仕掛けをほどこしおいたのだろうと過去にシステム開発に携わった人間の洗い出しが始まります。
そして犯人の声紋が一致した男が見つかりますが、なんとその男はもう何年も前に死亡していました。
ではいったいこの犯人は?
……となるんですが、結局犯人が乗っていた(操っていた?)と思しき車がラストで突如爆発、生死も不明のままエンディングですよ。
それともこれ、さらに次の『室井』に引っ張るんですかね。
でもそれならそれで言っといてもらえないと不親切だよなあ。
それなり『踊る』らしい小ネタがあったり、懐かしい顔が出てきたりはするんですけどね。
やっぱり『踊る』には青島と室井さんがいないと……(涙)。

そういえば今回、舞台の大半を占めた地下鉄のシステム制御室、私が大晦日に詰めていたコンピュータセンターのマシンルームとちょっと似てた(笑)。
でもだからこそ思うんだけど、あの事態に社長とか重役とかから電話一本かかってこないのはおかしい!
地下鉄で電車がジャックされて、衝突して怪我人まで出てるんだよ!?
しかも見たところシステム担当の増員すらしてないよ!?
ありえねえ。

まあ他にも何で犯人が地下鉄の関係者以外知らない『脇線』なんてものを知ってたのか(存在を知ってることとどこをどう実際走ってるかを知る事はぜんぜん違うぞ!)とか、雪乃さんが買ったチケットの座席番号までなぜ知ってたのか、結局動機は何だったのかとか、謎がてんこもりですよ。

どこが面白かったかといえば、今回初登場の捜査一課の木島刑事のキャラと、恒例のエンディングくらいですか。
や、ともかくおめでとう!
何で雪乃さんがオッケーしたのか、過去のドラマ思い返してみてもいまいちわかんないけど(笑)!
しかし『容疑者 室井』の予告見るともう全然『踊る』っぽくなくて、見る気なくすなあ……。

|

« ipod nanoから~今日の一曲 | Main | 『ファイナルファンタジーXⅡ』~待ちに待ったり! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ipod nanoから~今日の一曲 | Main | 『ファイナルファンタジーXⅡ』~待ちに待ったり! »