« 『キング・コング』~男前なコングの悲しい最期 | Main | ipod nanoから~今日の一曲 »

June 18, 2006

『フライトプラン』~強い母だけでなく子供の見本たれ

フライトプラン
ジョディ・フォスター ロベルト・シュヴェンケ ショーン・ビーン
B000CS44YI

ベルリンで夫をなくしたカイルは6歳の娘ジュリアとNYへ渡るべくジャンボジェットに乗り込む。
だが目覚めた時娘の姿は消えており、機内の捜索を依頼するが航空会社のスタッフが調べだしたのは「娘は父親と共に死んでいる」という意外な事実だった……。

ネタバレありなのでご注意。

もしか真剣に妄想で終わるのかと焦りました。
100分中60分が機内の捜索と、「これって実は旦那と娘をいっぺんになくした妻の妄想?」という話なんですもの……。
娘が消えたあと、近くに座っていた飛行保安官(だっけ?)のカーソンの協力を得て機内捜索に乗り出すカイル。
しかしこれがな……正直言って、全然共感できないわけですよ。
この奥さんの言動に。
機長じゃなくても「……ちょっと心配しすぎってか、異常?」という感じです。
何しろ娘が行方不明になったとはいえ飛行機の中です。
そのうち見つかるだろうと思うのが普通。
それをぎゃんすか大騒ぎして、400人もの乗客全員着席させ、クルーたちに普通子供が入り込むなんてありえない機械室や貨物室まで捜索させる始末。
ちなみにカイルはこの飛行機の設計会社に勤めていたので内部にすごく詳しい!という設定です。
さてこうなっても娘はどこにも見当たらず、しかも周囲の乗客やクルーに聞いてもそもそも娘を見た覚えがなく、娘の搭乗チケットも搭乗記録もない、人数にも入っていないという。
わけがわからなくなったカイル、途中の座席にいたアラブ人に「昨夜娘の部屋を覗いていた男ね!」と犯罪者扱いでくってかかり大騒ぎになってしまいます。
そしてとうとう、スタッフが夫が死んだときの病院に問い合わせたところ娘は夫と一緒に死んだという報告があり……。
そんな馬鹿な、と思うカイルですが、見てる方は「あー案外そうなのかも」と思ってしまいます。
いやだって本当に見てて辛いんですものこのおかーさん……。
ところが座席に戻ったカイル、ガラスにハートマークを見つけます。
それは離陸するときジュリアが指で描いた模様……ジュリアはやっぱりいたんだ!とはりきるお母さん、
いったい何をする気かと思いきやトイレの天井から這い上がり、配線いじって機内に酸素マスク放出&停電で乗客大パニック。
何やってんだあんたはー!?
あんたのチームはエンジン作ったって言ってたじゃん!
つまり機内の配線なんかそんな詳しいわけないのにそんな無茶やって、飛行機がそれこそ墜落でもしたらどうする気だったんだー!?
あるいはパニックに陥った年寄りが心臓麻痺起こしたりとか!
そんで何するかといえば自分での捜索を拒否された貨物室に乗り込み旦那の棺オープンですよ(ちなみに旦那は自殺)。
てっきりそこに娘の棺もあるんだと思いましたが、これがなかった……なぜ?と逮捕されてカーソンに訴えるカイル。
ちなみにカイルが逮捕されて拍手喝采の乗客にすごい共感。
いや私だってするね。
だってここまでされたらもう同情なんかできないですよ。
危うく全員死ぬとこだったもんよ。
しかしここで突然のお話転換。
なんとカーソンがカイルの旦那の棺から爆弾を取り出して機械室に隠してあったジュリアの側に仕掛け(あ、娘ホントにいたんだ?)、機長に「カイルが機内に爆弾を仕掛けて500万ドルを要求している」と嘘をつくのです。
実はスタッフのひとりがグルで、人数チェックや報告は嘘をついてたわけですね。
そもそも旦那を殺したのもカーソンさんなんだそうです。
棺ならノーチェックだから爆弾隠して持ち込めるし、カイルはこの飛行機に詳しいから犯人役にピッタリ♪なんですって☆(なにそのザルな設定)
カイルには「着陸後、乗客を全員降ろしてもう一度機内を調べる」と言い、機長には「着陸後、乗客は全員解放すると言っている」と言い、送金されたあとはカイルとジュリアともども飛行機を爆破するつもりと。
ところが最後の最後、カーソンはカイルが機長に「娘のことを謝って!」と詰め寄るのを止められず、機長に「もう金は送った、そんな作り話はいい」と言われ「……あれ?」なカイル。
すかさず逃げようとするカーソンですが、気づいたカイルに止められ仕方なく機内に逆戻り……って、え?
知らん振りして飛行機爆破しちゃえばよかったんじゃないの?
そんでクルー全員出たあと話し合おう、ってことになるけどいきなりカイルに殴られ気絶させられて起爆装置を取り上げられちゃう間抜けなカーソン。
でも起爆装置手に入れたならとっとと機外に出ればいいんじゃないのカイル?
娘を置いていったんじゃ人質にされちゃうかもしれないけど、そこはそれ警察に任せればいいのに……。
外に大量のFBIと警察来てるんだから。
なのに機内を走り回りカーソンと追いかけっこして、ついに娘を発見。
爆弾のすぐ側です。
追いかけてきたカーソンの前で娘と共に何やら妙なとこに隠れて爆弾のスイッチを押すカイル!
普通そこまで耐久性に自信ない。
飛行機が爆発したあと、特に燃えもしていない機内から娘を抱えて下りてくるカイルに機長ビックリ。
……いやあそりゃビックリするわ、うん。
生きてることにな。
そしてラスト、空港内で次の便を待つ乗客に混じって娘を抱くカイルに謝る機長。
いやあなたの判断は間違ってないよ。
普通の機長ならああします。ええ。
別に謝らなくていいです。
でも謝ってくれるあなたはとてもいい人です。
そしてFBIで事情聴取を受けるため車に乗り込もうとするカイルに荷物を差し出してくれるのは例のアラブ人です。
ああここで謝るのねカイル…………って謝らないのかよ!?
いや普通謝るだろ!?
あんたは見ず知らずのアラブ人を犯罪者扱いしたんだぞ!
そのせいでこの人、周囲の人間に疑われてすごい迷惑したんだぞ!
そりゃあ娘が誘拐されてたのは事実だけど、それとこれとは別だ!
これはねー……見た人100人中100人が同じことを思いましたね絶対。
いやもうこれだけでダメダメですこの映画。
それともこれは日本人だから思うこと!?
いやでも他にもツッコミどころ満載なんですけどね。
つかカーソンの計画に無理がありすぎるよもう。
もし他の乗客やクルーが娘がいたことをちゃんと覚えてたらどうする気だったのか?
病院や空港の搭乗ゲートへの問い合わせ、機械室の捜索をカーソンとグルになってないクルーがやっちゃったら?
そもそもカイルが眠らなかったり、後ろの座席じゃなくちゃんと自分たちの席で(つまりジュリアが窓際で)眠ってたらどうやってさらう気だったの?
カイルが棺を開けなかったら?(棺は暗証番号の設定が必要なんですって)(つまりカイルが開けてくれないと爆弾は取り出せない)
そもそもカイルの旦那を殺すところから始める必要があるの??
何その迂遠さ……。
本当にダメダメですよこの映画……。

|

« 『キング・コング』~男前なコングの悲しい最期 | Main | ipod nanoから~今日の一曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『キング・コング』~男前なコングの悲しい最期 | Main | ipod nanoから~今日の一曲 »