« 『アンダーワールド2 エボリューション』~美人がいればオルオッケー | Main | 『Vフォー・ヴェンデッタ』~理念のために生き理念のために死ぬ »

September 25, 2006

『猫殺し作家』坂東真砂子の不買運動に一票

一応は直木賞も取ったことがある(とはいえ無名同然ですが)女流作家・坂東真砂子がエッセイで猫殺しを告白して大反響を呼んでから約1ヶ月。
またもや毎日新聞かどこかで自己擁護のエッセイを載せたようですね。
相変わらずトンチンカンな内容にビックリしてしまいました(詳しい内容はきっこのブログさんで読めます)。

前回私は、日経新聞に抗議メールを送りました。
別ブログでは不買運動を宣言し、さらに坂東真砂子の本を出している出版社や、猫殺しの件には触れずに好意的な書評を掲載した新聞社にも抗議メールを送りました。
それでもまだ彼女は懲りないようです。
はるかタヒチにいて、浮世離れしてしまったのでしょうか。

今回も屁理屈をこねて何とか自分を正当化しようとしていますが、すればするほど墓穴を掘っているようです。
彼女が責められるのは理屈が間違っているからではありません。
自分より幼いもの、小さなものを愛し守ろうとするすべての動物の本能に背いているからです。
どれほど理屈を並べ立てようと、生まれてきた小さな命を自分の手で殺すという異常さを正当化することはできません。

かつて賞を取ったことがあるというだけでこんな異常な文章を載せる新聞社は良識ある社会の導き手としての自覚が足りないといわざるを得ません。
私は改めてここに坂東真砂子の本の不買運動を宣言します。

そして一刻も早く彼女がタヒチで裁かれ、もう新たな命が奪われることがないよう心から祈ります。

|

« 『アンダーワールド2 エボリューション』~美人がいればオルオッケー | Main | 『Vフォー・ヴェンデッタ』~理念のために生き理念のために死ぬ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『アンダーワールド2 エボリューション』~美人がいればオルオッケー | Main | 『Vフォー・ヴェンデッタ』~理念のために生き理念のために死ぬ »