« リードメール記録(10/13時点) | Main | 『24シーズン5第13話』~最後にはきっと誰も残らない »

October 18, 2006

『トム・ヤム・クン!』~取り戻したい象がいる(笑)

トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション
プラッチャヤ・ピンゲーオ トニー・ジャー ペットターイ・ウォンカムラーオ
B000GJ0MTO
<あらすじ>
タイで王様の象を守る戦士の末裔として象と共に育ってきたカーム。 だがある日、大事に育ててきた象の親子が誘拐されてしまい、カームは象を取り戻すためシドニーへ向かった。

妹「何の映画?」
水原「確か『マッハ』みたいなアクション映画。えーと仏像を取り戻すとかなんとか」
妹「また?」

って見てみたら今回は仏像じゃなく象でした。
仏像は『マッハ』だったか(笑)。(つかパッケージに書いてあるのね……何そのキャッチコピー(爆))
それにしても『トム・ヤム・クン』という、もはやタイトルなぞ知ったこっちゃないという姿勢が清々しいです(笑)。
ただ正直、ちょっとストーリーがごちゃつぎすぎたかも。
最初は全然アクションがなくて「あれ?」て感じだし、シドニー警察の腐敗の構造は最後までわかりませんでしたよ(笑)。
タイでのアクションは控えめ。
でも主役のトニー・ジャー(以下トニジャ)は気持ちよく空を飛んでいます。
いやもうありえないレベルで(笑)!
でもやっとアクションと思いきやまたもや舞台がシドニーに飛んでしばらくアクションお預け。
そんでようやくトニジャがシドニー到着ですが、間が悪いことに乗ったタクシー運転手が警察に追われていたらしく いきなり人質にされてしまったり。
つっても人質が人質ですからね。
トニジャにナイフ突きつける犯人を見て、「馬鹿だな……お前が人質にしてるのは素手で人を殺す男だぞ?」と呟いてみたり(笑)。
そしてその後犯人を倒したものの、シドニー警察内部の裏切り者のせいであっさり警察に追われる身になるトニジャ。
紆余曲折あって、タイ料理店『トム・ヤム・クン』に小象がいることを突き止め、現れる敵をバッタバッタと倒して辿りついたのは最上階の秘密のレストランで。
……秘密の……食材がゲテモノってか希少動物の……。

…………。

…………。

…………。

象食っちゃったのー!!??

一度は打ち倒されたトニジャ、怒りで燃え上がり敵を連打連打連打!
この怒りの声を聞けー(涙)!
……と思いきや、小象生きてました。
あああよかった! 本当によかった!!
罪を着せられて捕まっていたタイ人警察官と小象と共に脱出したトニジャですが、その後身を隠していた寺院が襲われ、そこでもまた連戦。
つか全員いっぺんに襲ってくりゃいいのになぜ勝ち抜け戦。
ラスト、まるっきり熊のようなレスラーに敗れるも辛くも逃げ出したトニジャ、警官は何とか逃がしてやるから象と共にタイへ帰れと説得します。
でも親象なしには帰れないトニジャ。
小象と共に街中を突っ切って黒幕の中国マフィアの記者会見場に突入。(そういや象はどこに隠してたんだろう)
そんでオカマのボスを追い詰め、「親象を返せ!」と言いますが、そこで見たのは骨だけになって金の衣装かぶせられた親象。(まさか肉は食ったんじゃないだろうなあああ!?)
あまりの事態に呆然とするトニジャですが、腹を刺されて我に返ります。
そこへ次々襲い掛かるボディーガードたち!
なんで全員素手なんだ。
銃ってものはないのか銃は!?
でトニジャどうするかと思いきや、全員関節技で再起不能に。
わらわらわらわら出てくると思ったら、49人いたそうですよ。
49人分の腕やら肩やら膝やら複雑骨折させまくったんだからお疲れです。
で時代劇と違ってやられたザコは消えたりしないので部屋はなんだか大変なことになってました(笑)。
そんで最後に出てくるのは前回負けた熊のよーなレスラー。
しかも4人も!
絶対絶命と思いきや、助けに入ってくる小象!
そうだよな幾ら小さいとはいえ象だもんな!と思ったら、
象がレスラーに投げられたー!!??
あれには心底ビックリしました。
まだ小度友はいえ仮にも象が! マジで熊だあいつら!(いや本物の熊だって象なんかと戦わないよ……)
そしてレスラーに苦戦するトニジャですが、象の弱点=巨大な生き物の弱点と思い当たり、象の骨でもってレスラーの腱を次々切断。
最後、ヘリに乗って逃げようとする親玉に向かって最後の大ジャーンプ!
って下に床がないですよっ!?
落ちる落ちる落ちるー!!
……と思いきや下に部屋があり、ちょうど親象の牙にひっかかってトニジャは無事。
子供の頃のように親象が守ってくれたのね……とホロリな設定。
それに小象も無事だったし(涙)!
「兄ちゃんゴメン、次はレスラーに投げられないよう大きくなるよ!」と誓ってました(え?)。
いやだって人間に投げられたら象も一生トラウマって気がしませんか(笑)。
まあそんなわけで象も人間も頑張った映画でした。
ともかくトニジャのアクションは凄いです。
人間の限界に挑んでるよあの人……!

|

« リードメール記録(10/13時点) | Main | 『24シーズン5第13話』~最後にはきっと誰も残らない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リードメール記録(10/13時点) | Main | 『24シーズン5第13話』~最後にはきっと誰も残らない »