« 『パイレーツ・オブ・カリビアン』~消えたジャック・スパロウ | Main | 2006年ブックランキング »

December 31, 2006

『サイレントヒル』~次元の狭間で戦う母

サイレントヒル
ラダ・ミッチェル クリストフ・ガンズ ローリー・ホールデン
B000HOL7FG
<あらすじ>
養女シャロンの夢遊病に悩むローズは、彼女が口にする「サイレントヒル」という土地を訪れる。
30年前、火災で汚染され見捨てられたその土地で見失ったシャロンを追って、ローズは不思議な世界に迷い込んでしまう……。

ゲームの『サイレントヒル』はやってないのですが、わりと評判よさげなので見てみました。
えー……雰囲気はよく出てるけど、けっこうわからないことも多かったですね。
シャロンと共にサイレントヒルへ向かう途中、女性バトロール警察官のベネット巡査に怪しがられ、振り切って暴走中に事故を起こしてしまったローズ。
目覚めるとシャロンの姿はなく、白い灰が降り続く薄暮の街サイレントヒルを捜し歩ていると、突然サイレンが鳴り世界が真っ暗に。
そしてローズは謎の生物に襲われます。
目覚めたとき再び世界は明るくなっており、そこでシャロンはベネット巡査に逮捕されてしまいます。
え、アンタ何で今頃?と思ったら巡査も事故って気絶していたらしい。
それでも追ってくるなんて根性のある人だ……!
ところが不思議なことに街を出る道は断崖絶壁に変わっていて、そのうえまたも怪物に襲われ逃げ惑う二人。
さて一方、ローズの旦那は妻がシャロンと共にサイレントヒルへ向かったことを知ってやってきますが、そこでは警察がローズの車と巡査のバイクを見つけて捜索隊を出すところでした。
でもこちらはひどい雨。
つまりローズと巡査は時間か次元が異なる場所へ迷い込んでいる?
シャロンが残した(と思われる)絵を手がかりに、巡査を振り切って学校へ向かうローズ。
そしてトイレで気味悪い死体を見つけるんですが、その死体が何かくわえてたからってそれを取り、そのうえそれがシャロンの次の手がかりだなんて何で思えるんだろう……?
そこで再びサイレンが鳴り、世界は真っ暗に。
どうやらサイレンが鳴ると化け物が出てくるようです。
なぜわざわざ警告してくれるんだろう?
親切ではありますが(笑)、ローズは『バイオハザード』のキャラじゃないので銃なんか持ってませんよ?
でも追いついてきたベネット巡査のおかげで何とか助かりました。
いやその後も襲われるんですが、唐突に出てきた頭が刃物の怪物ってアレ何?
何かいまひとつよくわかりません。
まあともかくいろんな手がかりから、どうやらアレッサという30年前に『魔女』扱いされた少女がシャロンそっくりで、今回の事件に関係あるらしいことがわかります。
ホテルで会った女性いわく、怪物は教会に入れないとかで残った住人たちはサイレンが鳴ると教会に逃げ込みます。
教会といってもどうやらこの土地独特の魔女狩り思想の信仰らしいのですが。
それで悪魔と会ってでもシャロンを取り戻す!というローズはホテルの地下に案内されますが、そこでシャロンがアレッサそっくりなことを知った教祖たちに巡査は囚われてしまったり。
しかしなんとかローズは地下の『悪魔』のもとへ辿り着き、『真実』を知ります。
いやその『真実』もよくわかんなかったんだけど。
教祖のオバさんは、アレッサが父親の知れない子であることを理由に彼女を『魔女』扱いし、秘密のミサで悪魔祓いをしようとしたのですがそこで事故があり彼女は全身焼け爛れ身動きもできない体になってしまいました。
その結果、彼女は超能力(?)を得てあの怪物たちを生み出した……の、かな?
街が滅ぶ理由になった火災もアレッサが起こしたの?
でもこの異次元(?)にいる狂信者たちはなぜここに残ってるの?
それとも復讐のためにアレッサが取り込んじゃったのかしら?
ちなみにシャロンはアレッサの『良心』なんだとか。
なんかよくわからない設定……。
ともかく教祖たちはシャロンを探し出し、火あぶりにするぞ!と言い出します。
ベネット巡査も火あぶりってひどくない!?
いい人だったのに……うっかりローズに職質かけて後を追ってきたばっかりに巻き込まれてこんなところで火あぶりなんて……(涙)。
でもシャロンが火あぶりにされるところには間に合うローズ。
そんで教祖を糾弾するローズですが、いきなり刺し殺されてますよ!?
と思いきやその血から『闇』が広がります。
今までは狂信者たちのせいで教会に入り込めなかったアレッサが、ローズと一体化して忍び込んでいたから……で、あとは阿鼻叫喚。
傷が消えたローズがシャロンを救い出し、何もかもが消えたあとに残ったのはアレッサの実母ダリアだけ。
シャロンと違い、娘を守れなかった彼女だけれど、やっぱり母親だから殺せなかったのか……。
そして血まみれ傷だらけののローズは「これから帰る」と家に電話し、車に乗り込みます。
でも……でも世界はまだ灰色のままよローズ?
大体その格好で誰にも途中で咎められないなんて……?
そして家に辿り着いたローズとシャロン。
でも世界はやっぱり灰色のままで。
光あふれる世界で父親はふたりが帰ってくる夢を見ましたが、目を覚ましてもふたりはいない……。
そのままエンドクレジット。
え、やっぱローズってあのとき死んでた?
それとももうあの異次元を抜け出せないということ?
エンディングのアレッサの邪悪な微笑がすごい怖かったんですけど、あれってもしかシャロンがアレッサと一体化しちゃったということなんでしょうか。
ううむ、色々よくわかりませんでした。
ホラーをわかろうなんてこと自体が無理といえば無理なのだが。
でもまあ、ゲームの雰囲気はなんとなくつかめました。
こういう映画なのか、なるほどねえ。
ちなみに現在我が家では妹が『バイオハザード4』のベスト版を購入し毎日ゾンビを虐殺しています(笑)。

|

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン』~消えたジャック・スパロウ | Main | 2006年ブックランキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『パイレーツ・オブ・カリビアン』~消えたジャック・スパロウ | Main | 2006年ブックランキング »