« 『ファイナル・デッドコースター』~そろそろマンネリ | Main | ipod nanoから~今日の1曲 »

January 21, 2007

『X-MEN:ファイナルディシジョン』~何か大事な事がすっ飛ばされたような

X-MEN:ファイナルディシジョン 特別編
ヒュー・ジャックマン ブレット・ラトナー ハル・ベリー
B000C5PNWI
なぜ原題が「LAST STAND」なのに邦題が「ファイナル・ディシジョン」なんだろう。
と、まずささやかな疑問(笑)。
前回恋人のジーンが死んでしまった目から怪光線が出るスコット君、やさぐれてジーンが死んだ湖まで出かけますがそこへ突如ジーン復活。
ところが様子がおかしいと探しに来た一同、ジーンを見つけてビックリ仰天。
でも誰も「スコットはどうした」と言わないのはなぜ。
正直、「誰か言ってやれよ……」とかわいそうになりました(涙)。
なんでもジーンはクラス5という最強ミュータントで、その力を封じ込めた結果もうひとりの人格が生まれちまったそうですが、それが現れてスコットを殺してしまったようです。
主役の鉄の爪ことローガンがジーンを押し倒してからようやくこんなジーンはおかしい!と「スコットはどうした?」と聞いたり(遅いだろそれ!)。
それでもうひとりの自分が恋人を殺してしまったことに気づいて大ショックのジーン、かつての自分の家へ逃げ帰ってしまいます。
彼女を取り戻そうとするローガンたちと、その能力に目をつけたミュータントのテロリスト(笑)。
そしてローガンたちのリーダーは敗れてジーンはテロリスト側につくことに。
一方、世間では「キュア」というミュータントの能力を封じ込める薬が発明され大騒ぎになっておりました。
まあミュータントになるのは嫌だって言う人もそりゃあいるでしょうね。
実際、触れた人間の精気を吸い取って死なせちゃうお嬢さんとか、他にもあんまり役に立たない能力持ってる人とかいるだろうし。
あと能力使って犯罪を犯したミュータントにも使っていいと思う。
なので対ミュータント用の武器に「キュア」を使用すること自体は間違ってないのでは。
とはいえ、ミュータントの中には人間がその「キュア」を強制的に使い出すんじゃないかと危惧する面々もあり、それがテロリストとなって「キュア」の元、つまりミュータントの少年を奪いに行きます。
ローガンたちはそれを阻止する側に回っちゃうわけで、このへんの対立はちょっと微妙な気も……。
テロリストのやり口は間違ってるけど危惧してること自体はそう的外れでもないですしね。
とはいえ人間と対等の立場で交渉のテーブルに着くためにはやっぱりテロはまずいでしょう。
そんでミュータントvsミュータント。
最後はクラス5の最強ミュータント・ジーンの能力発動で敵味方関係なく弾け飛んでしまいます。
ラストはローガンが彼女の命を奪って、当初の彼女の「殺して」という願いを叶える悲劇的な結末…………ってそれ本来は恋人のスコットの役目だろう。
そのために開始早々彼を殺しちゃったのですか。
気の毒なスコット……1作目からわりといっぱいいっぱいな人でしたが、ろくな出番もなく美味しいところはローガンにさらわれちゃって(涙)。
それにしたってこんなひどいことになって、再びミュータントと人間は決裂するのかなーと思いきやなんかあっさり和解してましたよ?
アメリカの国連大使がミュータントになったり、例のミュータント能力殺しの少年が普通にローガンたちの学園に通ってたり。
え、そんな簡単に分かり合えちゃっていいの?
そういや例の触ると相手を殺しちゃう少女はキュア打って彼氏のところへ戻ってきてラブラブでしたが、ラスト、やっぱりミュータントの能力は封じ込めきれないのでは……?というハリウッドらしい引きで完。
うーん、シリーズ物のラストとしては少々物足りない感じでしょうか。
ミュータントの能力はけっこう面白くて、自分ならどんな能力が欲しいかなーとか毎度考えてしまいますが、考えてみれば能力は自分じゃ選べないんですよね。
役に立つ能力ならいいけど、見てるとけっこう役に立たない力がほとんどっていうか、手から炎が出たってキャンプくらいでしか使い道ないだろうに……。(氷なんかもっと使い道ないよ)(あ、北極か南極行って温暖化を食い止めてくれないかな)

|

« 『ファイナル・デッドコースター』~そろそろマンネリ | Main | ipod nanoから~今日の1曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『ファイナル・デッドコースター』~そろそろマンネリ | Main | ipod nanoから~今日の1曲 »