« 『ダイヤモンド・イン・パラダイス」』~泥棒映画じゃありません | Main | 『ダイハード4.0』発売決定~DVDリリースメモ »

August 26, 2007

『ユージュアル・サツペクツ』~シナリオの妙と見事な演技

ユージュアル・サスペクツ
スティーヴン・ボールドウィン ケヴィン・スペイシー ガブリエル・バーン
B0002U8NQG

だいぶ前の映画なのですが、よく行くサイトさんでオススメしていて、調べてみたら評判もかなりいいようなのでレンタルしてみました。
サスペンス映画です。しいていえば。
あらすじが……すごい説明しにくいというか、わかりにくいというか……説明するとネタバレになるんだろうか……。
簡単に言うと、桟橋で襲撃事件があり大勢のマフィアが死に船が爆破された。
生き残りは大怪我を追ったマフィアの下っ端と、キントという障害者の男だけ。
どんな手を使ってか2時間後には保釈されてしまうキントから警察は何とかことの次第を聞きだそうとします。
きっかけは、NYでの強盗事件。
その容疑者としてキントを含む5人の前科者が集められましたが、彼らは逆に5人集まったことで新たな強奪事件を計画。
そこからどんどん転がり落ちる彼らは『カイザー・ソゼ』と呼ばれる謎の大物ギャングの手の中にハマりこみ、あの桟橋でマフィアの船を襲うハメになったというわけです。
果たしてカイザー・ソゼの正体は……?

というわけでなるほど面白い映画でした。
脚本がよく練れてますね。
まあ、あれだ、ソゼの正体は思ったとおりだったんですが、その手前で危うく騙されそうになりましたよ(「嘘だ絶対犯人はこいつだ!!」とテレビに向かって叫びました(笑))。
実際キント役の俳優さんの演技とラストの鮮やかさは見事でした。

「He's gone」

この映画はこのフレーズに尽きます。
シナリオの妙を楽しみたい方にオススメですよ。

|

« 『ダイヤモンド・イン・パラダイス」』~泥棒映画じゃありません | Main | 『ダイハード4.0』発売決定~DVDリリースメモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『ダイヤモンド・イン・パラダイス」』~泥棒映画じゃありません | Main | 『ダイハード4.0』発売決定~DVDリリースメモ »