October 23, 2005

日本人の興味あること

水原さんも参加している人気ブログランキングの総合ランキング最近上位は芸能の裏情報ばっか。

日本人て……(涙)。(もっと大事なことあるだろう!)(なあ!?)

| | Comments (0)

November 29, 2004

かなり疑問

昨日今日とアクセス数が通常の倍いってます。

アクセス数が多いとむしろ心配になる私は貧乏性でしょうか。

思わずアクセス解析入れましたよ……。
でも来て下さるのはすごく嬉しいです。よろしければコメントなどお待ちしてます~。

| | Comments (0)

October 27, 2004

コメントスパム?

コメントが投稿されていたので見てみたら、なぜかそこには英語で1行、リンクしてあるだけ。
なんじゃこりゃ?と思いつつクリックしてみたら、

男のハダカばかりのページに連れ去られました。

これが噂のコメントスパム!?

とりあえず削除しましたが、今後も続くようならIPアドレスで禁止とか面倒なことをしなければならないのかとちょっと溜息。
つーかなにが悲しくて野郎の裸なんか見なきゃならんのだろう……(ちなみに外人さんでした)。

| | Comments (0)

October 20, 2004

アフィリエイトとあなたの声

最近アフィリエイトが話題ですよね。
簡単に言うと「HPで照会した商品が売れたら数%の手数料が貰える」というシステムです。
現在はアマゾン、楽天あたりが主流のようです。
ちなみにウチはアマゾン。
本やDVDのレビューを書くとき、どうせリンクをはるならばと加入したのです。
なんといっても画像が使えるのが魅力でした。
そりゃもちろん、自分のオススメした本を誰かが買ってくれて、お小遣いくらいの金額になったら嬉しいなあと姑息なことも考えましたが(笑)。

しかしどうやら最近はこのアフィリエイト、小遣い稼ぎとして大人気らしく、世間では『主婦もかせげるパソコンで月収30万』とか『アフィリエイトではじめる!ホームページウハウハ副業生活』といった本がたくさん出ているし、アフィリエイトのススメのようなサイトも山のように出来ています。
実際、アフィリエイトって自分で商品を売ったり発送したりするわけじゃない、ただ紹介するだけなんですから、それで「いくら売れた」なんて話を聞いたら、やっぱり「自分でもやれるかも」って気になりますよね。
でも、実際に2ヶ月ほど自分でアフィリエイトをやってみて、これは片手間では儲けは出ないだろうなと思いました。
少なくとも、ウチのようにオマケ情報としてリンクを張ってあるようなサイトではなく、最初から「売る気」じゃないとダメだろうと。
まずアクセス数が少なくては話にならないからアクセスアップ対処から始めなきゃいけないし、そもそも「何の商品を紹介するサイトにするか」から問題ですからね。何でも、というわけにはいかない。
それならそれこそまっすぐアマゾンとか楽天にいけばいい。
お客さんが求めてくるのは「付加情報」なんですから。
それだって、いちはやく発売情報を集めるという手段をとるか、それとも使い勝手といった情報を提供するかにしたって全然違う。
とか考えると、気が遠くなりそうなんですよ。
無理無理絶対無理(笑)。
まあそんなわけで、アフィリエイトで儲けるなんて野望はちゃっちゃと捨てたわけですが、
でもそもそもがこうしてアフィリエイトでリンクを張っているのには、「見てくれている人の反応を知りたい」というのがあるわけですよ。
カウンターは回っているけど、その人たちがちゃんと記事を読んでくれているかどうかはわからない。
一生懸命書いているレビューなんかも、果たしてどれくらいの人が読んでいてくれるのかなあと思うわけです。
それでアフィリエイトのレポートを見ると、どの商品がクリックされたかとかわかるので、「どの本に興味を持ってもらえたのかな?」と見てるんですが。

……私のレビューって、つまんないですかね?

いやなんか!
クリック数がアクセス数の5%にも満たないんですよね……。
私は他の人のレビューを読むのが好きなので、実際他のサイトで紹介されている本をクリックしてアマゾンに飛んで、レビューを読んだりします。
アマゾンのレビューって色んな人が書いていて、けっこう面白い。
この間の『リアル鬼ごっこ』とかレビュー読んでる方がずっと面白かったし(笑)。
実際、「他人が興味を持ちそうなこと」じゃなく、「自分が面白かったもの」を紹介する以上、クリック数が少ないってことは自分の紹介の仕方が下手なんだってーことになるわけで。
……難しいなー(涙)。
『リアル鬼ごっこ』みたくつまらない話をこきおろすのは簡単なんだけど、自分が感動したもの、いいと思うものを伝える言葉は本当に難しい。
こういうとき、ああ、自分はまだまだ修行が足りないなあと思います。ホントに。

何の話だかよくわからなくなってしまいましたが(笑)、もしよろしかったら、時々、こっそりでいいので「見ているよ」と言ってくださると嬉しいです。
それでまた元気が出て、精進できますので!

| | Comments (0)

October 18, 2004

トラックバックのマナーって難しい

さてブログを始めて2ヶ月近く、初めてトラックバックというものを使ってみました。
そしてのっけから失敗しました(笑)。
記事を修正したらトラックバックが2回、向こうのサイトさんに送られてしまったのです。
そうか、そういうものなのか……知らなかった。
そしてこのトラックバック、送った側からは削除できないのですね。
それは相手に迷惑だし、なんとかならないのかなあと思うのですが。

でもこのトラックバックというブログにしかない機能、まだマナーについてはいろいろと議論があるようです。
私の拙い理解ではトラックバックというのは「あなたの記事を参考にしてこんな記事を書いたのでお知らせします」という意味で送るものであって、記事の中に相手の記事への言及があるのが当然だと思っておりました。
言及というか、リンクですかね。
参考にしたとは言わないまでも、調べものをしていたらこちらの記事が役に立ったとか、私はこういう意見ですが別のこんな意見のサイトさんもありますよとか。
でも私がもらったトラックバックの中には、相手の記事を見に行っても、私の記事については何も書かれていないものがあったことがあり、「はて?」と首を傾げました。
同じ映画についてのレビューだったので、「自分も見ましたよ」という程度の意味なのかなと思いましたが、この「リンクなしトラックバック」はマナー違反か否かで世間では意見が分かれているようです。
というのも、トラックバックというのはある意味強制リンク。
トラックバックを送れば相手の記事に自分のブログの記事が自動的にリンク・表示されるので、人気ブログが相手なら客寄せになるのですよ。
実際関係もない記事に大量に送りつける「スパムトラックバック」なるものすら存在する様子。
なので中には「記事にリンクのないトラックバックは削除します」と明記するブログもあったり。
実際、関係ないアダルトサイトに誘導するようなトラックバックは迷惑ですから、仕方ないと思いますが。
ブログが急速に普及して、トラックバックのマナーが明確化されていないために、当分そのあたりは各管理人が自分で考えて、決めていくしかないのだろうなと思います。

自分のブログ(つまりここですね)ではどういう方針にするかは考え中ですが(なにしろまだ全然スパムを心配するようなアクセス数じゃないし(笑))、当面はまったく関係ない記事からのトラックバックでない限りは容認する予定。
自分の記事からはたぶんほとんどすることがないと思いますが……だって本や映画のレビューって、他人の感想を参考にして書くようなものじゃないですからね。
同じ作品に対してトラックバックしてたらキリがないし。
日常ネタはなおさら(笑)。
でもせっかくブログを作ったのだからたくさんの人に見て欲しいわけで、アクセス数上げるためには多少はトラックバックをうてるような記事を書く必要もあるのかなあ、と悩む今日この頃なのです。

| | Comments (0)

September 27, 2004

まだまだブログは謎だらけ

ブログを始めてすでに1ヶ月以上経ちますが、いまだに謎が多かったり。

トラックバックってナニ?
コメントのお返事も上手く登録できないよ?

という具合で、せっかくトラックバックしてくださったりコメントくださった方々にもなかなかお返事できませず……申し訳ない(涙)。
本家サイトの出張版という形なので、どうしてもこちらが後回しになってしまうというのもありまして。

まったりと更新しつつ、勉強していくつもりですのでどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0)

September 04, 2004

背景に壁紙をいれてみたり

あまりにも画面がシンプルなので(笑)、せめて壁紙を入れてみました(笑)。
本当はタイトル画像も入れられるらしいけど、適当な画像が見つからないので保留。
ちなみにウチはココログベーシック、つまり本来画像なんかは入れられないタイプですが、色々調べたところ設定でサブタイトルのところにこんな記述を入れるだけで壁紙が設定できちゃうんですな。

<STYLE type="text/css">
<!--
body { background-image: url(http://starship.air-nifty.com/soaru/*****/画像.jpg);
background-attachment: fixed;
}-->
</STYLE>
(<>は半角にしないとダメですが)(ここでは全角にしないと記事に出ないんだ!)

和風にしたくて色々悩みましたがとりあえずはこれで。
またそのうち変わるかもしれませんけど、やっぱ絵があると華やかでいいですね(笑)。

| | Comments (0)