January 22, 2006

『王様の仕立て屋~サルト・フィニート』~男はスーツ!

4088593995王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 1 (1)
大河原 遁
集英社 2004-01-05

by G-Tools

妹が本屋の「オススメちょっとだけ」で立ち読みして面白かったからと1~3巻まで買ってきました。

イタリア・ナポリの泥棒市に住む日本人、織部悠。ナポリの伝説の名仕立て屋の唯一認めた弟子である彼が仕立てるスーツが、数々のドラマを生む。

面白い!
正直、男性のスーツって女性に比べてあまりにもバリエーションが少ない気がするというか、日常会社勤めしていてもあまり気にしたことがありませんでした。
実際、スーツのよしあしってよくわからないし……よっぽど突飛なネクタイでもしてくれない限り目に留まらないというか、生地なんかも社長クラスにならないとそうそういいものは着ませんしね。
悠の作る仕立て服はホントにお高い!
日本人なら確実に「ぼったくりだ!」と叫びそうなところです(笑)。
でも読めば読むほど、本当に高級な仕立て服のよさがわかり、なるほど高いのは当然、と思えます。
特に日本人はスーツに対する意識がまだまだ低いんだなあと痛感。
スーツを着ないホリエモンなど世界じゃ3流以下なんだと今回の事件でもよくわかりましたね(笑)!
それにしても、男性服に関するネタだけでよくこんなに連載できるなと感心(ただいま8巻まで発売中だそうです)。
だって悠だって言ってるんですよ?

「女に似合う服は無限にあるが男に似合う服ってのはそう何着もねえんだよ」

うーん、私ももう少しお洒落してみようかな!
隣にこれくらい素敵なスーツ姿の男性が立つ事が、もしかしてもしかしたらあるかもしれませんからね(笑)。

| | Comments (2)

January 18, 2006

『長い長いさんぽ』~おやすみ、ゆず

4757725949長い長いさんぽ ビームコミックス
須藤 真澄
エンターブレイン 2006-01-16

by G-Tools

名作猫まんが『ゆず』シリーズの須藤さんが描いた、「ゆずとのお別れの物語」。
16歳でゆずは逝ってしまった。
16年。
それは長くもあり、短くもある時間だと、いま17歳の猫と暮らしている私にはよくわかります。
もしも彼女がいなくなってしまったら、と想像するだけで泣けてきてしまう。
須藤さんのゆずを失ったあとの悲しみように、ペットを飼ったことのないひとは「何と大げさな」と思われるかもしれませんが、一部のひとたちにとって、ペットとはまさに「家族」なんです。
ペットと暮らしていながら「そう」ではない人たちがいることの方が私には驚きですが。

だからこの話は、読んでいて本当に辛かった。
必ず自分もいつか、そう遠くない未来に直面する現実だからこそ、とてもとても辛かった。
読み終わって思いました。
どれほど迷惑かけられても、介護が大変でも、決して彼女にあたったりはすまい。
自分にできる限りのことをしようと。
いつか来るお別れの時に、もっとやさしくすればよかった、もっといろんなことをしてあげればよかったと後悔することのないように。

ゆずを失って、長い長い間悲しみに暮れていた須藤さんは、現在2匹の猫を飼い始めたとか。
ペットロスを癒すには新しいペットを飼うこと、というのは確かのようです。
これから先また、10年、20年と共にして、またいつか失う悲しみを味わう時がくるとしても、それでも人はやはり何かに愛情を注がずには生きていけないのだなあと思います。

とりあえずこの本を読んだあと、ウチの猫どもにべったべたにくっついたら嫌がられて逃げられました。
ああ愛するって辛い(涙)。

| | Comments (2)

November 26, 2005

『おおきく振りかぶって』~予選開始!!

4063143937おおきく振りかぶって Vol.5 (5)
ひぐち アサ

講談社 2005-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おおお、ついに西浦公式戦デビューだー!
相手は去年の優勝高校・桐青。
いきなりハードル高いぞ!

でも阿部は相変わらず三橋のことしか考えてないぞ(笑)!

三橋に、三振とれてるのは阿部君のおかげだから、と。
「ありがとう」と言われて涙ぐんじゃってる阿部は、まるきり花嫁の父でした(笑)。
ところで最近雑誌連載の方はちゃんと追えてないのですが、同点に追いつかれさらに逆転された模様!?
ううう、続きがすごく気になるよ!
まだ一年の彼らに優勝はさすがに無理だろうなと思うけど、初戦で消えるのは悲しすぎる。
彼らのその頑張りを知っているから、ひとつでも多く試合させてあげたいと思います。
読者の季節はこれから冬だけど、西浦の夏は始まったばかり。
精一杯応援しなきゃねー!

| | Comments (0)

November 05, 2005

『BECK』~最高にアツい奴ら!!

4063720888BECK 24 (24)
ハロルド作石

講談社 2005-10-17
売り上げランキング : 14,232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アニメ化されたりして評判だったらしいバンド漫画ですが、実は読んだことありませんでした。
それがふらりと立ち寄ったブックオフで何気に1巻を手に取ったら止まらなくなり……。
ブックオフには10巻までしかなかったので、その足で漫画喫茶に駆け込み最新刊まで一気読みしてきたよ(笑)!!

どこにでもいる普通の、どちらかといえば冴えない中学生だった主人公・田中幸雄ことコユキが、後々『BECK』というバンドを組むメンバーと出会い、歌を始め……。
実力はピカイチのメンバーたち、全米ツアーまでやってのけたのに日本では大手プロモーターに邪魔され、いまだにバイトバイトの日々。
果たしてBECKがメジャーになる日は来るのか!?

や、でもこの『BECK』は本当にすごいよ!
2次元なのに、本当に音が聞こえてくるみたいです。
私は洋楽はほとんど聞かないし、『ロック』が何なのかよくわからない。
彼らが夢中になっている往年の大スターの名前もほとんどわからない。
でも彼らが本当に音楽が好きで、好きで仕方ないんだってことはよくわかる。
そしてストーリーもまだまだ目が離せない展開ですよ!
イギリスの伝説のロック・フェスには出られるのか、コユキがエディから聞いた最後のワンフレーズはどう生きてくるのかなあ!?
新刊が出たら買っちゃうよ!

| | Comments (0)

October 23, 2005

『マンガ嫌韓流の真実!』~韓流ファンよ、真実の韓国を知れ

4796649735マンガ嫌韓流の真実!

宝島社 2005-10-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全国新聞各紙から広告掲載を拒否されるなどしながら、クチコミで広がり瞬く間に30万部を突破した「マンガ嫌韓流」ですが、今度は宝島社から『嫌韓流』の本が出ますよ!
マスコミ・メディアには在日韓国人が多く、「反韓」はずっと無視されてきました。
やたらCMに韓国スターが出るのも大手広告会社の上層部に在日韓国人がいるせいだと言われています。
日本の国営放送は冬ソナ以来、まるで韓国の支局ででもあるかのように韓国ドラマを垂れ流し、民放は自前のドラマや俳優の育成に力を入れるより、やたらとバラエティに聞いた事もないような韓国俳優を連れてくる始末。
そうして踊らされてしまった気の毒な韓流ファンは、ぼったくり商法の韓国事務所に「日本人だけ」料金を上乗せされたチケットを買わされ、チャリティコンサートでは詐欺疑惑にまで発展中。
正直、反日マスコミのせいでどれだけの日本人が騙されているのか。

「王様の耳はロバの耳ー!」と力いっぱい叫びたい気持ちを代弁してくれたのが「マンガ嫌韓流」です。

「嫌韓流」を一時のブームとせず、日本はこれほど危険な国を隣国に持っているのだということを知るべきです。
もしあなたの隣に韓流ブームに乗っている人がいるとしたら、この本を薦めるのはなかなか難しいことだとは思いますが、せめてどう見てもぼったくりの高額商品を買おうとしている時には「ちょっと考えてみたら?」と一言アドバイスしてあげるべきかも(笑)。

| | Comments (1)

October 08, 2005

『大奥』~男女逆転! 壮大な歴史絵巻

4592143019大奥 1 (1)
よしなが ふみ

白泉社 2005-09-29
売り上げランキング : 211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

江戸時代、謎の疫病により男子の人口が激減したことにより男女の役割が逆転。
将軍は女で、大奥にいるのは美男三千人と言われる。
だが新将軍吉宗は爛れきった大奥にメスを入れようと……。

うわやっぱよしながふみはすげえ!

私民放ドラマの『大奥』は見てないんですが(女の争いって苦手だ……)、これは面白いですね。
最初は大奥に上がることになった貧乏旗本の息子・水野の目を通して大奥の複雑さや異常さをわかりやすく描き出してます。
そして少しずつ物語が将軍徳川吉宗とその大奥改革に移っていくところがまた上手い。
でもこのままでは単純に男女が逆転した大奥話になっちゃいそうなんですが、どうやら作者はもう一段次の仕掛けを用意しているらしい?
というところで1巻終了。
続きはちょうど発売中の雑誌に掲載中! って、そうか、これ確か隔月連載(読みきり形式)なんですよね。
2巻が出るのは遠いか……。
雑誌も買うと応募できる『大奥』ドラマCDもちょっと興味あったり。
あんまりドラマCDは好きじゃないんですけどね(音だけで想像するの苦手)。
でも絶対『大奥』とよしながふみはオススメですよ!

| | Comments (0)

July 18, 2005

『マンガ嫌韓流』~応援します!一家に一冊!

488380478Xマンガ嫌韓流―マンガ嫌韓流

晋遊舎 2005-07-26
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今ネットで話題騒然、「もうひとつの韓流」……つまりペとかオバさま方が夢中になってるメロドラマなんかではなく、知れば知るほど嫌いになる韓国について漫画でわかりやすく解説する本です。
でも作者さんのHPを見ればわかるように、決してあることないこと面白いように書いた本ではありません。
多くの日本人が曖昧にしか知らなかったお隣の国について知るよいチャンスだと思います。

ま、私は買うまでもなくとっくに嫌韓なんですけどね(笑)。
でも他人にきちんと自分が『嫌韓』な理由を説明できるよう、買って読もうと思います。
とりあえずはこの本がアマゾンだけじゃなく一般の本屋でも売り上げ№1になるよう、宣伝協力させていただきます。(ちなみに朝日新聞はこの本の広告掲載を拒否したらしいです)(まああそこは日本の新聞社じゃないもんなあ)

| | Comments (0)

July 13, 2005

『こっこさん』~にわとりのいる暮らし

4776791277こっこさん
こうの 史代

宙出版 2005-02-10
売り上げランキング : 4,424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こっこさんサイコー(笑)!
基本的に犬や猫のマンガに弱いのですが、「にわとりマンガ」は初めてです(笑)。
『夕凪の街 桜の国』で心に沁みる独特の世界を見せてくれたこうの史代さんの本。
表紙のインパクトの強さに思わず買ってしまいましたよ(笑)。
昔『動物のお医者さん』にヒヨちゃんという凶暴なニワトリが出てきましたが、このこっこさんもなかなか凶暴。
でも愛しい(笑)。
飼い主の小学生のやよいちゃんや、そのほのぼのした家族のおとぼけっぷりも楽しく、1作ごとに思わず笑ってしまいます。(田舎のじーちゃん……「ツブスんか」はないだろう(笑))
丁寧に読むと色んな発見もありますよ。
やよいちゃんがこっこさんにプレゼントされた鈴をぶらさげてたり、こっこさんが外国へ旅立ちそうになった(笑)次のコマでは濡れた靴が干してあったり。
あとすごいと思うのが、トーンを一切使っていないことと、『色』がはっきり頭に浮かぶということ。
月見草の黄色、夕暮れのピンクの雲、田舎の海の青。
それはぜんぶ、忘れているようでいて、ちゃんと私たちの心の中にあるんですね。
なんだかこっこさんと一緒に空を見上げたくなります。

あとおまけのパラパラマンガつき! すごいぞ!
ともかくこれはオススメの漫画です♪

| | Comments (0)

May 14, 2005

『Under the rose』~貴族とメイドと家庭教師

4344804554Under the Rose(2)春の讃歌
船戸 明里

幻冬舎 2004-09-24
売り上げランキング : 9,403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ふらりと寄った本屋で1話だけ試し読みできまして、めくってみたらなかなか面白かったので現在出てる2巻までまとめ買いしてみました。
舞台は19世紀イギリス。
第1巻の『冬の歌』はロウランド伯爵家に庶子として引き取られたライナスが母親の死の謎を解こうとするお話。
同じくらいの時代の貴族階級とメイドの恋を描いた『エマ』って漫画もありますが、『エマ』の100倍好みだ……!!

繊細で美しい絵柄もお話にぴったり。
ロウランド伯爵とその子供たち(男ばかり8人(笑))もそれぞれ個性的で素敵です。
11歳のライナスがロウランドの中で必死に戦おうとする姿、兄弟やロウランド伯爵夫妻や愛人との関係などが非常に繊細なタッチで描かれていて、胸に迫ります。
そして2巻の半ばでいちおう『冬の歌』は決着が付き(なぜいちおうかっていとちょっと結末がすっきりしないってか……結局『彼女』を殺したのは誰なんだ?)(そのうち明かされるのかしらん)、その数ヵ月後にあたる『春の賛歌』が始まります。
こちらはロウランド家に家庭教師に来た女性レイチェルと、ロウランド家の次男ウィリアムが中心になるのかな?
あおりを見た時は貴族の少年と美しい家庭教師の恋とかいうわりと陳腐な筋書きを想像してたんですが(笑)、全然違いました。
エディプスか!
てゆーか、ウィリアム最高……!!
特に2巻のラスト近く、母親がメイドに髪を梳いてもらうのを見つめる場面なんかもう、

ぞ く ぞ く し ま し た。

ここでノックダウンされましたよ私は!!
素敵すぎる……!

あ゛あ゛あ゛早く3巻出ないかなあ!?
まさか1年に1冊とか言わないよね!?
耽美とか陰惨とかいう単語で片付けて欲しくない物語ですよこれは!
ぜひぜひオススメです。

| | Comments (0)

March 04, 2005

『D.gray-man』~人生には素晴らしい瞬間もある

D.Gray-man 3 (3)
星野 桂

集英社 2005-03-04
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うわーやっぱ好きだ……!

時間が巻き戻っている街があるらしい。
それがイノセンスの仕業ではないかと調査にやってきたエクソシストのアレンとリナリーは、ただひとり街で異常に気づいているミランダという女性に出会う。

「同じ一日を繰り返している街」というのはわりとよくある設定なんだけど、この話の場合はミランダさんというキャラが秀逸。
子供の頃から何をやっても上手くいかなくて、暗くて、街の子供達にも苛められている。
特に顔はガイコツみたいで、ちょっとゲストヒロインには見えない(笑)。
ミランダが100回目の失業をした日から、街は同じ毎日を回り続け……。
「明日なんか来なければいい」と願うミランダ。
たとえばうる星やつらの『ビューティフル・ドリーマー』はあまりにも楽しい「祭りの前の日」が永遠に続きますように、と同じ毎日を繰り返すのだけれど、彼女の場合はそうじゃない。
「明日なんか来なければいい」とまで絶望する彼女が、アレンたちと知り合い、彼らの勇気に励まされていく。
その、最後の笑顔が本当に嬉しかった。よかったと思った。
いい話ですよ、『D.Gray-man』!
そんな彼女に勇気付けられた自分に、すごーく大好きな今日のひとことを(笑)。

「この年になると希望なんてあるわけがないよ。瞬間瞬間を生きている。だけど時に人生には素晴らしい瞬間もある」

映画『ライムライト』

頑張れミランダさん! 再登場期待してます(笑)!

| | Comments (0)